読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DWHは、ガネーシャの夢をみるのか

引用
P249
....
期待して何がいけないのだろう。未来は今よりよくなるかもしれない。そういうささやかな「希望」があるから僕たちは毎日を生きていけるんじゃないだろうか。期待は希望なんじゃないか。
「せやから迷ってんねん」
ガネーシャは言った。
「自分の言うとおりや。そうやって人は生きていくねん。未来に期待して生きていくねん。期待がなくなったら、絶望してしまうからなぁ」
そう言ったあとガネーシャは、ゆっくりと口を動かした。重い言葉だった。








「けどなぁ......期待しているかぎり、現実を変える力は持てへんのやで」

.......

Data Ware House のようなものから、はやりの、Big Dataまで。
それを、用意すれば、何かが解決するという、期待をもっているだけで、人は生きていけるけれども...


現実を変えるのは、変わった事実の積み重ねでしかないのは、なんでも、同じだからなぁ。。


目に映るもの、全てが、視えルワケではない。。。