読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は伊達や酔狂で内製やってるんだ!-- 続

若干、1名、つづきを求めていたので、ちょっと、また、書く。
今日のテーマは、簡単な事。

ユーザの自己評価は、おりこうさん、か、おばかさん、どっち?

春一番が、掃除したての.... *1

通常、SIさんに任せているときは、当然、沢山の協力会社さんがいらっしゃります。
一括で、まるっと、お願いするパターンもあれば、行程毎にお願いする事もあるわけで。


そんなこんなで、おのずと、それぞれの単価や、能力もみえてくるってもんです。


ああ、内製なんかに、ヨロヨロとよろめくと、お別れのシーズンがくるのですよねぇ。。


下手すると、その辺の社員よりも、ながーーーく、業務を支えている協力会社さんも
いたりするわけで、それはそれは、大変です。。。


内製といっても、いくつかのパターンがあると思っています。*2

  1. プロマネの役割をユーザが行う
  2. 設計者、ユーザが行う
  3. 実装者もユーザがおこなう


いきなり、全てを自分の力だけでやる訳にはいかないので、
今まで、やってもらっていた「なにか」はユーザがやる。
となれば、当然、なにをやる=誰を切るになりまする。

風が、カムイの影をきーる *3

さて、何を切る?


色々な考えもあると思いますが、ここでは、単純化しましょう。*4
コストで、ハイ&ロウ!!!


月単価の高い方から切るか?安い方から切るか?
どっち?どっち?どっち?


自分の値段を決めるのに、等しい事だと、この時に気が付く人は多い。。。
痛々しいです。。。

わたし馬鹿よねぇ、おばかさんよねぇ...*5

普通、高い方から、切るんですよねぇ。。
そりゃ、そうだわ、だって、必要なのは誰にでも出来るくらいの金額の
人足なんですから!!
いままで、やってなかっただけで、やればできるんだからね!!

...........


...........



ない、ないわ、それ。。。


低い方から切ります。
そして、高い人に、育てる事も仕事としてお願いします。
数は、いりません。そのかわり、必死で、その人の程度を見極める修行をします。
そこは、誰も教えてくれません。
それが、身につけられなかったら、内製なんてできません。。


そのことが、自分たちは、無能であると、宣言するのと一緒だとしても
現実を受け止めることも出来ないのなら、何かを作ろうなんて資格はないっすよねぇ。。

まだまだあるけど

ちょっと、かわった感じの話を書いてみたので、この辺でおしまい。
また、読みたい人がいたら、考えます。

この話は、結構、考えるネタにはなるとおもうんよ。
でも、まぁ、実行するには、黒魔術がいるけどなぁ。。。

*1:春一番 (キャンディーズの曲) - Wikipedia

*2:必ずしも、これに賛同しているわけではないですの。でも、パターンとしては受け入れないと仕方ない

*3:カムイ外伝 - Wikipedia

*4:金と実力は違うときもあんだろう、とかは、十分承知。

*5:心のこり - Wikipedia