読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアで、通話とインターネットを使えた( Lebara )

色々、不安に思いながら、準備してきましたが、無事に、オーストラリアで、
現地の通信業者の Lebaraで、通話とインターネットができました。
といっても、自分でやったわけではなくて、息子に持たせたのが、ちゃんと動いたって事です。

簡単にまとめておきます。

海外で使える SIMフリーの端末をかう。

まず、SIMフリーの端末を購入します。
日本でも、使える物だと、


EMOBILE(イーモバイル) Pocket Wi-Fi S31

こういうのが、いいらしいです。技適マークがないと、日本で使っては法律違反なので。

自分は、海外でしか使う気がなかったので、こちらを購入しました。


HUAWEI IDEOS Android 2.3.3 U8650

*1

海外のSIMの購入

日本のオンラインショップで、購入しました。
海外SIMカード、海外プリペイドSIMの通販|SIMTEL SHOP
LebaraのオーストラリアのSIMを購入しました。
開通も、オンラインショップに頼んで、出国日あたりに、開通してもらいました。

*2

SIMの認識

日本では、サービスしていないキャリアなので、当然、通信はできません。
で、電話番号なども、端末では、不明なままです。
SIMの認識までは、確認出来ますが、それ以上は、確認出来ません。

購入後、出発前の設定

当然、日本でやるので、現地でうまくいくかどうかはわかりませんでしたけど、
インターネットが使用できる様に、APNの設定を行いました。
以下のFaceBookのサイトで、英語でなら、質問を受け付けてくれます。
https://www.facebook.com/LebaraAustralia/

設定は、

Mobile Internet Settings | Lebara Mobile

で、機種名を入れて、出てくる設定例をいれれば良いです。

実際は、確認できなかったので、かなり、不安でした。

*3

海外で通信を確認

開通した時に、送られて来たメールに、書いてあるのですが、以下のWebで、使用状況が確認できます。

https://secure.lebara-mobile.com.au/CRMLBM/login

で、ここで確認していると、通信の履歴が見えました!

嬉しかったですねぇ。

ちなみに、右端から、使用料金(オーストラリアドル)、使用量(MBまたは分)です。
左端が、Dataとなっている場合、データ通信料金ですね。
ちなみに、下は、日本へ国際電話をかけた時の例です。

今回の料金プランだと、データ通信は1日、1MBまで無料でした。

料金追加 リチャージ

これも、日本から、同じオンラインショップで買いました。
そこにも、書いてありますが、かなり高いです。
でもまぁ、息子に出来そうもなかったので、仕方なく。


買ったあとは、さきほどのWebから、自分でバウチャーのコードを打ち込んで
料金の追加は、完了でした。

感想

日本のスマートフォンなんて、持たせて行ったら、どうなるかわかったもんじゃない。
国際ローミングは、高いですからねぇ。盗難、紛失もあるし。

その点、このやり方なら、まぁ、海外で直接購入するよりは、高いけど、
上記に比べれば、格安だし、安心でした。なくしても、プリペイドですしねぇ。
息子のアンドロイドのアカウントなんて、なんにも、クレジットないし。w

Youtubeだの、がんがん、使うのは禁止しといたので、いまのところ
リチャージを、1回で、12日間は、余裕で乗り切れそうだし。


電話で話せるのと、メールやSNSで、やりとり出来るのは、本当に安心できます。
個人的には、大変、満足してます。自己満足だけど。www