読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Erlangを試してみる (002)

参考にするのは、 @ymotongpoo の訳してくれた、http://ymotongpoo.appspot.com/lyse_ja/index.html

感謝、感謝であります。。

(本当に)始めましょう!

http://ymotongpoo.appspot.com/lyse_ja/ja/starting_out_for_real.html

shellを使った、レクチャをしています。

数字

引用「式はピリオドで終わって、その後に空白を入れ」る。
なるほど。。

試してみました。

Erlang R14B04 (erts-5.8.5) [source] [64-bit] [smp:2:2] [rq:2] [async-threads:0] [hipe] [kernel-poll:false]

Eshell V5.8.5  (abort with ^G)
1> 2+15.
17
2> 49*100.
4900
3> 1892-1472.
420
4> 5/2.
2.5
5> 5div2.
 * 1: syntax error before: div2
5> 5 div 2.
2
6> 5 rem 2.
1

div や、rem は、空白を入れないとエラーになりますた。

引用「Erlangでは浮動小数と整数の区別をしていないことに気がつくでしょう」

これは、結構、新鮮でした。

引用「算術演算子は通常の優先ルールに従います。」

例を実行してみました。

Erlang R14B04 (erts-5.8.5) [source] [64-bit] [smp:2:2] [rq:2] [async-threads:0] [hipe] [kernel-poll:false]

Eshell V5.8.5  (abort with ^G)
1> (50*100)-499.
4501
2> (50*100)-4999.
1
3> -(50*100)-4999.
-9999
4> -(50*100-4999).
-1
5> -50*(100-4999).
244950
6> q().
ok
7> [~ guutara]$

打ち間違いも含めて、こんな感じでした。

あとは、10進数以外の表記。
同じく、打ち間違いも、含めて。。

Eshell V5.8.5  (abort with ^G)
1> 2#101010.
42
2> 8#0677.
447
3> 16#AE
3> 2#1111
3> .
* 2: syntax error before: 15
3> 2#1
3> .
1
4> 2#11
4> .
3
5> 2#1111
5> .
15
6> 16#AE.
174
7> 8#11111111
7> .
2396745
8> 16#FFFF
8> .
65535
9> q().
ok
10> [~ guutara]$

continue ?

たぶん。。。^^;