読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VirtualBox2.2(Mac) に、Oracle Enterprise 入れてみた (インストール詳細)

前後、しますが、OEL5をインストールしたときの模様を。。

まずは、VirtualBoxの設定です。
注意としては、ハードディスクを大きめに設定しておくことです。あとで、OracleDBいれるなら。。







これで、準備ができました。次に、インストール媒体をマウントしてから、仮想環境を立ち上げます。



これで、インストール画面がでました。
次に、媒体のチェックをするかどうか聞いてきますので、ここは、SKIPします。
OKで媒体チェックを行うと、その後、進めなくなってしまいます。
どうやら、媒体のマウント解除ができないようです。
こういうときは、手動で、媒体のマウント解除を行えば、先に進めます。
覚えておいてください。

インストールの途中で、媒体の入れ替えを求められたときは、上記のように、手動でマウント解除とマウントをすればOKです。

SKIPすると、Xを使ったインストール画面が立ち上がります。

あとは、殆どRedHatなどと同じだと思いますが、念のため、スライドショウ。。










VMToolをいれるときに必要になるので、開発ツールを適当にいれちゃいます。







インストール開始です。



ここで、インストール媒体を、マウント解除、マウントしましょう。。









マウント解除、マウントしましょう。。


マウント解除、マウントしましょう。。

これで、インストールは完了です。
あとは、TOOLをインストール。

VBOXGuestAdditions.isoをマウントして、仮想環境を立ち上げたあと、処置します。
rootで、ログインしておきます。

はい、ごくろうさまっす。。(^^;;